スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山準の今後に期待!

今回は、初のNOAH関連の記事です。

秋山準-STERNNESS-

ノアの前シリーズSpring Naving'10で行われたグローバル・リーグ戦’10の主役はまぎれもなく秋山準だったと思います。
各会場での鳴り響く“秋山コール”や片目を負傷し眼帯姿で必死に闘う姿には多くのファンのハートを掴んだようでした。

秋山が業界のトップに立ったのは、NOAHを旗揚げしてからの快進撃があったと思いますが、ベルトを持ちつつもクレバーでかつ、たまに垣間見られる“冷徹”なファイトスタイルからか、どうしても会場のファン全体が一体となって歓声を飛ばすというポジションにはついていなかったように思えました。

“そんな秋山準”のことが僕は好きだったのですが、去年も体調不良等で振るわず、「もうだめかも・・・」と思っていました。

今年の1・24 丸藤戦が組まれ、1・4東京ドームでIWGP Jr.のベルトを奪取したばかりの丸藤とはどうか・・・・、と思っていると、まさに鬼気迫る闘いで勝利!!

感情を表に出さなかった男が、自らの激情を出しつつ闘う姿は秋山の覚悟を見ることが出来ました!

今回のリーグ戦は、ブロック1位通過を成し遂げたものの、優勝は逃してしまいましたが、ファンは、秋山の“必死さ”を目に焼き付けたと思います。

かつての、どことなく余裕をただよわせつつのファイトも魅力的でしたが、レスラーとしての生きざまをさらけだす秋山も、ますます、応援したいと思いました!
追記で、書きますが、シングルのリーグ戦を行ったのは良いことだったと思います!

NOAHのベテラン勢を除いた、杉浦、森嶋、力皇、ヨネといった選手たちがベテランとの差があるように感じられるのは、定期的にシングルで闘って差を埋められているという実感が感じられなかったことが理由だと思います。

三沢さんの「選手の体調に負担がかかる」という理由で開催しなかったのも理解できますが、リーグ戦を毎年やることで、選手に対する見方を変えることができるのかな~と思いまして。

今回はベテラン勢の奮闘が目立った結果となりましたが、それを踏まえた上での、今後のNOAHに期待したいと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
プロレスを見始めたのが、2001年頃からで、もうすぐ10年めに突入しようとしています。プロレスに関することで僕自身に気になることを書いていこうと思います。

tetsu

Author:tetsu
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。