スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真壁vs小島はどうなるか?!【10・11 両国】

舌好調をアピールしているが……

さて、いよいよ10月に入り、新日本秋の大一番である、DESTRUCTION'10 10・11 両国国技館大会が迫ってきましたが、今年は“IWGP王者vsG1覇者”として真壁vs小島戦も調印式での舌戦というよりも、真壁がケンカをふっかけたことで、少しずつ機運が高まりつつあると思います。

思えば、この“IWGP王者vsG1覇者”というカードはここ10年くらいでもかなり組まれていると思うのですが、勝敗はどんなものだったかと思い調べてみることに……

01年;IWGP王者 藤田和之,G1覇者 永田裕志……藤田のミルコ戦TKO負け等もあり、実現せず。

02年;IWGP王者 永田裕志,G1覇者 蝶野正洋……ドロー(10・26 福岡国際センター)

03年;IWGP王者 高山善廣,G1覇者 天山広吉……G1覇者天山の勝ち(11・3 横アリ)

04年;IWGP王者 藤田和之,G1覇者 天山広吉……実現せず(藤田はG1も出場せず、健介に不透明決着でベルトを渡し、その後天山が奪取するという流れに)

05年;IWGP王者 藤田和之,G1覇者 蝶野正洋……両者負け(3ウェイマッチでレスナーが奪取,10・8 ドーム)

06年;IWGP王者 棚橋弘至,G1覇者 天山広吉……IWGP王者棚橋の防衛(10・9 両国)

07年;IWGP王者 永田裕志,G1覇者 棚橋弘至……G1覇者棚橋の勝ち(10・8 両国)

08年;IWGP王者 武藤敬司,G1覇者 後藤洋央紀……IWGP王者武藤の防衛(8・31 両国)

09年;IWGP王者 棚橋弘至,G1覇者 真壁刀義……実現せず(棚橋の負傷により、中邑との王者決定戦となり、中邑が新王者に)

はい、データ上、あまり実現していないケースもあったり、王者がケガしたり、なぜか3ウェイで第三者的なレスナーがチャンピオンになったり……

調べてみて、ただ、黒歴史的なものを掘り起こしてしまっただけのような気もしますが(苦笑)

真壁は、IWGP王者としては、初めての両国でのメイン(5月福岡で奪取、6月大阪,7月札幌で防衛)となるので、少し感慨深いものもあるかとは思いますが、下馬評を覆してG1を制した小島ということで、勝敗は分からなかったりします。

真壁が勝ったら、ドームでの防衛戦も見えてくるだけに、ここ最近試合面での不調を叫ばれる中、どれほどのモノを見せられるかがポイントだと思ったりします。

スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

おぉ、IWGP王者vsG1覇者の歴史はこうなってるんですねぇ。
ただ今度は小島かなぁ、ってのが正直な印象ですね。
真壁もそろそろ感が出てきてますし、
小島の支持率は上がってきてますからねぇ。
ただ、真壁政権をもうちょっと見ていたいかなぁ?
ってのもちょっとありますね。
ただ本命は小島勝利→ドームで棚橋が戴冠。
で、2011年プロレス大賞はまた棚橋に!?
って感じっぽいですよね。

>HEGEMONさん
こんばんは~

僕がプロレスを見始めた頃からのを記憶をたどりつつ調べたんですが、色々とあったんだなぁということを実感したり(笑)

今年の頭の時点で、真壁小島がIWGPをかけて闘うだなんてだれも読めないワケでして、そのことがスゴいのかも?!とも思ったりします。

真壁は、いわゆる第三世代を相手に防衛するのも初めてですし、試合内容が伴えば、vs永田やvs後藤なども面白いかなとも思います。
タナは、結局、膝の調子がどうなの?ということが気がかりだったり
“小島奪取→→タナがドームで小島にリベンジ”は分かりやすいですが、ドームのメインは真壁,後藤にはまだキツイですかね~?!
プロフィール
プロレスを見始めたのが、2001年頃からで、もうすぐ10年めに突入しようとしています。プロレスに関することで僕自身に気になることを書いていこうと思います。

tetsu

Author:tetsu
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。