スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世代は、“魂”を見つけ出せるか!?

ブログを始めてから初の全日関連です。

全日本プロレスといえば、武藤敬司の下、独自の路線を進んでいる印象がありますが、ここ2カ月ほどで大きな動きがありました。

3・9 武藤敬司が膝の手術のため、長期欠場を表明
3・21 両国国技館で、浜亮太が小島聡を破り三冠奪取
4・11 JCBホールで鈴木みのるが船木誠勝を破り、チャンピオンカーニバル連覇
4・22 小島聡が電撃退団を明かす
5・2 鈴木みのるが浜亮太を破り、三冠奪取

武藤の欠場に、小島の退団、浜の奪取した三冠は、CC連覇のみのるの元へ・・・

浜が三冠を奪取した時には、正直時期尚早の感も個人的にはありましたが(観戦された方の感想では、フィニッシュの説得力はあったようですね)、武藤が欠場している現在、全日本で確固たる地位を築きつつあるみのるがエースとなるのは、ある種の必然を感じました。

みのるの三冠奪取後のコメントに、『テメエら(新世代)とは、魂の重さが違うんだよ!』とありますが、プロレスにおける“魂”とは、選手一人ひとりの持つ、確固たる主張・イデオロギー・思想が顕著に反映されるものだと個人的には思ってます。

“魂”を持つことで、技にも説得力が生まれ、さらなる“魂”の重さとなる・・・・

諏訪魔、河野、浜、真田を中心とした新世代は、これから様々な困難を伴うことがあるかなと思ってますが、もがくなかで、自らの道を模索して欲しいなと思う今日この頃でした。
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

酷かったアジアタッグ

こんにちは。アジアタッグは、歴史のあるベルトです。
先日のタイトルマッチ。まあ、酷い!
TARUを抜かしては、重量級ですが、技と言う技もなく、流れもなく、ただボデープレスを繰り返す。なんと、つまらない試合だと思ったものです。浜は、悪いですけど、動けない。
タッグでも、相方のフォローに行けない。普通なら、すばやくフォローに行くのですがね。
Smopですか?プロレス大賞最優秀タッグ賞?
選考員のほとんどが入れていたけど、早くも崩壊ですね。
まあ、プロレス大賞自体が、怪しく思われますが・・・
小川じゃないですけどね。選考員が、試合を見ていないのには、驚きました!

Re: 酷かったアジアタッグ

>mikoladyさん
こんばんは。
アジアタッグは、50年以上の歴史を持つ由緒正しいベルトですが、どうも、ここ最近は、全日本プロレス内での展開を作る上での一つの手段的に用いられている感がありますよね。

曙・浜組も、圧倒的な重量感が魅力ではあったと思いますが、もっとお互いの長所が伸ばしあえるようなタッグの方が良かった気もします。
曙は、これからケアと組むようなので、どんな感じのチームになるのか気になりますが・・・

プロレス大賞も、毎年色々と論議を呼びますが、見ているファンとの温度差があまりにもある選手が賞を取るのは問題かなと思います。
プロフィール
プロレスを見始めたのが、2001年頃からで、もうすぐ10年めに突入しようとしています。プロレスに関することで僕自身に気になることを書いていこうと思います。

tetsu

Author:tetsu
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。