スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潮崎、今夏の総決算へ!【8・22 有コロ】

G1 CLIMAXが終わりました!

小島聡が初優勝というフィナーレを迎え、新日所属でない、欠場明けなどから厳しいと予想されたG1を見事に優勝した小島は、以前の三冠&IWGPの四冠を達成した時並みのインパクトを残したな~と思います。

優勝候補であった、中邑、棚橋、後藤、真壁なども“第三世代”の壁に阻まれた部分もあるということで、これからの展開にも注目です!

ふてぶてしいアピールも様になってきた。

そこで、今回は、NOAHからの外敵としてG1に挑んだ潮崎豪について・・・

今年の頭は、ケガのためNOAHで開催されたグローバルリーグ戦は欠場するなど、昨年末のGHC王座陥落、1・4ドームでの棚橋戦の敗戦に続いて、調子をどう取り戻していくかということで注目していましたが、6月の力皇の欠場からのIWGP挑戦、7月の棚橋戦は、ちょっと課題を残しつつでしたが、棚橋撃破に成功と波に乗っている中でのG1参戦でした!

僕は、7日の大阪での井上戦、8日の愛知での小島戦を生で観戦したのですが、チョップで会場をどよめかせるなど、その日の大会内では“記憶に残る”試合をやってのけたな~というのが感想です。

特に、井上戦は、会場内でもそんなに“熱”を生むタイプの試合だとは思われていないせいか、そんなに盛り上がった感じで始まった試合ではありませんでしたが、井上の中盤以降の奮戦もあり、休憩前に良いものを見れた~という感じでしたね。

最終戦では、真輔と引き分けて、両者共に痛み分けという結果に終わりましたが、来週の日曜には時間無制限一本勝負で、再戦ということで、これには期待できそうです!

短期間で色んなタイプの選手とシングルで闘った経験は今までになかったものでしょうし、小島戦、永田戦は敗戦だったのですが、得るものは確実にあったのではないかと思ってます。

もちろん、中邑真輔は容易に倒せる相手ではないでしょうが、武藤敬司風に言うと、どれほどの“作品”を残せるかで、今後のレスラーとしての道が開けてきそうですね

何だかんだと言って、まだキャリア10年にも満たない潮崎ですが、NOAHの未来を背負う一人としてやはり期待してしまうな~という感じです♪

スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

No title

にしても潮崎はちょっと新日とやりすぎじゃないかと思うんですけどねぇ。
それはそれで良いことなんですけど
にしても棚橋・中邑・後藤・真壁とやってしまって
何かこんなにポンポンと実現しちゃって良いのかなぁ、と。
まぁNOAHとしては森嶋VS新日のトップ選手の方を
秘蔵カードにしてるんですかね?
それにしても潮崎は・・・
まぁ中邑にもこのまま勝ちそうですよね。
いや、負けるかな・・・
ここは微妙ですね。
まぁちょっと潮崎のやりすぎ感は感じてたんで
そこだけは疑問です。

>HEGEMONさん
遅くなってすみません
中邑にも勝ってしまいましたね~ 記念大会でセミ,メインと現エースが勝つ辺りがノアらしいなと思いますが、もう少し、ゆっくりでも良いかなと思いますよね。

森嶋に関しては、温存というよりも良いように扱われてる感もあるので、ちょっと暴れて欲しいなと思ったり(汗)
プロフィール
プロレスを見始めたのが、2001年頃からで、もうすぐ10年めに突入しようとしています。プロレスに関することで僕自身に気になることを書いていこうと思います。

tetsu

Author:tetsu
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。