FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必殺技としての“ナガタロック”

“ナガタロックⅡ”

レスラーは、年齢・キャリアを経るごとにファイトスタイルも変わることも多いですが、試合で使う“持ち技”が変わることもあるかと思います。

かつては、“必殺技”として猛威をふるっていた技が“繋ぎの技”になったり、フィニッシュとして使われる頻度が減ったりということもよくあることだと思うのですが・・・

そんなことを考えつつ思いだされたのが、永田裕志選手の得意技の一つ『ナガタロック』でした。

僕がプロレスを見始めた01年には、武藤敬司をナガタロックⅡで破り優勝するなど得意技として幅を利かせていた記憶があります。

ということで、以下は追記で書いていきます♪
公式プロフィールにもあるように、永田さんの得意技は、『バックドロップホールド、ナガタロック I & II & III、リバースナガタロックIII など』とあるように、ナガタロックが得意技として挙げられてはいるものの、ここ最近は個人的には、敬礼ポーズからのナガタロックというかつての定番ムーブも見る頻度が減ったなと感じまして、ちょっと残念だったりします

あのミルコ戦の前の週プロのインタビューでも、自身の持ち味であるキックと共にナガタロックを武器にしたいと、今から考えると“ものすごく幻想にあふれた”ことを言っていたと思うのですが、それほどの必殺技なので、また見たいな~と思う今日この頃です。

ナガタロックⅢは、西村とのIWGP防衛戦(V8)の時に本格披露されたと思うのですが、僕がナガタロックを追いかけていたのはこの時までで、この後に開発された“リバースナガタロックⅢ”やwikiにある“ナガタロックⅣ”などは個人的には馴染みが相当薄かったりします(汗

ということで、言いたいのは、もっと見たいな~ナガタロックⅠ!! ということです。

あの独特の足の極め方が個人的に好きなんです♪

まぁ、あの敬礼ポーズは猪木からの受けが良くなかったみたいですけどね

あと今の永田さんには白目+腕固め・・・という技もありますしね(汗
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメント

非公開コメント

プロフィール
プロレスを見始めたのが、2001年頃からで、もうすぐ10年めに突入しようとしています。プロレスに関することで僕自身に気になることを書いていこうと思います。

tetsu

Author:tetsu
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。