スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦前に……【10・11 両国】

いよいよ10・11 両国決戦が直前になってきましたが、これから数日所用があるので、今日更新しなければという感じで更新です!

メインの真壁vs小島は、真壁の口撃に端を発し、お互いの生きざまの違いを見せるというのがテーマとなりますね。
真壁は、チャンピオンになる時も、『お前の生きかたが嫌い』と口撃したことで中邑との対立構図が明らかになっただけに、ようやく本来の調子を取り戻してきたかなと思います♪

挑戦者の潮崎,中邑,田中ときましたが、若干チャンピオンになった分、かつてほどの荒々しさが見られませんでしたが、このくらいで丁度いいのでは(?)という感じですね。

あとは、当然、セミのタナvs内藤,セミ前の中邑vs後藤となるとは思いますが、勝者が挑戦者候補にはなるかとは思いますが、メインの結果いかんによっても状況は刻々とかわっていくでしょうし、読めないですね

ただ、タナの今日のコメントを見る限りでも……

『ただ、この10月の『DESTRUCTION』という大会は、2007年の後藤(洋央紀)戦で非常に手ごたえを感じたし、「試合内容で押せる大会」というイメージが強いんで、今回も超盛り上がると思うんで、その中でも群を抜きたいですね! ……あ~。でも、こいうのってひさしぶりっすね。囲まれる感じ(笑)。やっぱ、いいっすね! もっとチヤホヤされたいから、俺の時代に引き戻しますよ!

ということで、今年は内藤が飛躍の年ならば、タナはやや雌伏の年(?)と言えるかもなので、ここは勝ちたいだろ~なというのはありますね。

ということで、試合内容で魅せてくれそうな両国大会を楽しみにしようと思ってます♪
スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

真壁vs小島はどうなるか?!【10・11 両国】

舌好調をアピールしているが……

さて、いよいよ10月に入り、新日本秋の大一番である、DESTRUCTION'10 10・11 両国国技館大会が迫ってきましたが、今年は“IWGP王者vsG1覇者”として真壁vs小島戦も調印式での舌戦というよりも、真壁がケンカをふっかけたことで、少しずつ機運が高まりつつあると思います。

思えば、この“IWGP王者vsG1覇者”というカードはここ10年くらいでもかなり組まれていると思うのですが、勝敗はどんなものだったかと思い調べてみることに……

01年;IWGP王者 藤田和之,G1覇者 永田裕志……藤田のミルコ戦TKO負け等もあり、実現せず。

02年;IWGP王者 永田裕志,G1覇者 蝶野正洋……ドロー(10・26 福岡国際センター)

03年;IWGP王者 高山善廣,G1覇者 天山広吉……G1覇者天山の勝ち(11・3 横アリ)

04年;IWGP王者 藤田和之,G1覇者 天山広吉……実現せず(藤田はG1も出場せず、健介に不透明決着でベルトを渡し、その後天山が奪取するという流れに)

05年;IWGP王者 藤田和之,G1覇者 蝶野正洋……両者負け(3ウェイマッチでレスナーが奪取,10・8 ドーム)

06年;IWGP王者 棚橋弘至,G1覇者 天山広吉……IWGP王者棚橋の防衛(10・9 両国)

07年;IWGP王者 永田裕志,G1覇者 棚橋弘至……G1覇者棚橋の勝ち(10・8 両国)

08年;IWGP王者 武藤敬司,G1覇者 後藤洋央紀……IWGP王者武藤の防衛(8・31 両国)

09年;IWGP王者 棚橋弘至,G1覇者 真壁刀義……実現せず(棚橋の負傷により、中邑との王者決定戦となり、中邑が新王者に)

はい、データ上、あまり実現していないケースもあったり、王者がケガしたり、なぜか3ウェイで第三者的なレスナーがチャンピオンになったり……

調べてみて、ただ、黒歴史的なものを掘り起こしてしまっただけのような気もしますが(苦笑)

真壁は、IWGP王者としては、初めての両国でのメイン(5月福岡で奪取、6月大阪,7月札幌で防衛)となるので、少し感慨深いものもあるかとは思いますが、下馬評を覆してG1を制した小島ということで、勝敗は分からなかったりします。

真壁が勝ったら、ドームでの防衛戦も見えてくるだけに、ここ最近試合面での不調を叫ばれる中、どれほどのモノを見せられるかがポイントだと思ったりします。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

プロレス・格闘技界が3Dを取り入れる昨今の情勢…

今日、何気なく新日のサイトを見ているとこのようなニュースが・・・

史上初の3Dプロレス! 全国ワーナー・マイカルで「ワールドプロレスリング G1クライマックス3D」上映決定!!

   
昨年、K-1が3D映像化を進めていくとして、谷川Pが格闘技と3D革命を繋げて“熱”にしていこうという企画がありましたが(現在進行形かな?)

プロレスにも、こういう企画が始まったか~というのが率直な感想です。

確かに、プロレスならではの空中殺法なども3D映えしそうだ~と思いつつ、あの『アバター』さえ見ていない僕には、まだちょっと遠い話かもと思ったり

そういえば、毎年発売されている、G1クライマックスDVD-BOXの方も、今年は違った“仕様”になるようです♪

20th Anniversary  G1 CLIMAX XX  -3Dスペシャルエディション-(DVD2枚組+Blu-ray Disc)20th Anniversary  G1 CLIMAX XX  -3Dスペシャルエディション-(DVD2枚組+Blu-ray Disc)
(2010/11/26)
真壁刀義棚橋弘至

商品詳細を見る


生観戦を二回した(大阪+名古屋)ので、是非ほしいな~と思うのですが、ブルーレイプレイヤーすら持っていない僕にはブルーレイの映像は体験できるか定かではありません。

ブルーレイプレイヤーって、ちょっと調べたんですが、今のところ二万円くらいはするみたいですね(汗

DVDほど普及していないから、徐々に価格もDVDプレイヤーみたいに下がってくるとは思いますが、今のところ様子見です。

まぁ、こういった世間的な技術の進歩をいち早く取り入れる姿勢は大事だな~と思います♪

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

神戸、両国を経て最後に笑っているのは…?!

久々の新日本系記事です

直近のビッグマッチといえば9・26神戸、10・11両国となるかと思いますが、今さらながらカードの確認…

9・26 神戸ワールド記念ホール
IWGP 真壁vs田中
中邑、内藤vs棚橋、後藤

10・11 両国国技館
IWGP 【9・26の勝者】vs小島
中邑vs後藤、棚橋vs内藤

ということで、先月のG1クライマックスに端を発して起きた因縁(?)の総決算になりえるはず(?)のカードが並んでるな~というのが感想だったり。

田中将斗は、いつIWGPに挑戦してもおかしくなかったと思うのですが、満を持して挑戦ということで、きっちり仕上げてきているのが分かります。

真壁にしてみれば、まさに、前門の虎、後門の狼という状態で、G1期間中も不調がささやかれていただけに、観客支持の厚い王者といえども防衛ロードは厳しいな~と言えそうですね

中邑vs後藤は、今年のG1でも当たって“足極めエビ固め”という新技で鮮やかに勝利!

最近の前哨戦でも…

9・11 ディファ有明
後藤○、アンダーソン、バーナードvs中邑×、内藤、裕次郎(15分47秒 足極めエビ固め)

ということで、相変わらず猛威をふるっているんだな~と。

でも、映像で確認したところ、フィニッシュ前のアンダーソンのガンスタンによるナイスアシストが一番効いたな~と思いましたが。

相変わらずの仕事人っぷりを発揮しているアンダーソンは素敵だなと(笑)

棚橋vs内藤はG1での30分ドローからの延長ラウンドに…

ここ二年くらい、この時期の両国(DESTRUCTION)は、好勝負必至なイメージ(07年:棚橋vs後藤、08年:武藤vs中邑、永田vs田中、天山vs飯塚,09年:中邑vs棚橋)が強いので、今年も期待したいな~と思ったり…

人気ブログランキングへ

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

私的な生観戦のジンクスについて……

ここ3年ほど、新日本プロレスの大会を生で観戦しているのですが、生観戦した大会で、最近の新日本の四強(?)というべき、棚橋、中邑、後藤、真壁の四選手の試合結果にちょっとしたジンクスがあったので、ちょっと書いてみます。

ちなみに観戦したのは、08年:G1 8・14 大阪、09年:G1 8・7 広島、10年:5・3 福岡 です!

以下、追記で書きたいと思います♪

続きを読む

プロフィール
プロレスを見始めたのが、2001年頃からで、もうすぐ10年めに突入しようとしています。プロレスに関することで僕自身に気になることを書いていこうと思います。

tetsu

Author:tetsu
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。