スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生まれ変わろうとする全日本に期待!

プロレスにカツ!

週刊プロレスの先週号を遅ればせながら読んでいるのですが、表紙が全日の鈴木みのるであっただけに、武藤不在の全日本の闘いが伝わってきました。

ここ最近の全日本のカード編成的には、全6カードで新世代と超党派軍の闘いを主軸に置いていることが伝わってきます。

編集長による巻頭コラム読んでも、“武藤不在で、売上は三割減”など厳しい現状が伝わってきましたが、ここをベースラインにして、“ここからいかに上がっていくか”ということに注目してほしいということなので、しっかりと注目していきたいと思います!

武藤敬司の欠場、西村修の参院選出馬に加え、小島聡のまさかの離脱・・・と、激震続きの全日本プロレスですが、そんな中でも、安易に他団体から選手を借りることなく、自団体だけで乗り切ろうとしている姿勢には感心させられている今日この頃でした・・・

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

新世代は、“魂”を見つけ出せるか!?

ブログを始めてから初の全日関連です。

全日本プロレスといえば、武藤敬司の下、独自の路線を進んでいる印象がありますが、ここ2カ月ほどで大きな動きがありました。

3・9 武藤敬司が膝の手術のため、長期欠場を表明
3・21 両国国技館で、浜亮太が小島聡を破り三冠奪取
4・11 JCBホールで鈴木みのるが船木誠勝を破り、チャンピオンカーニバル連覇
4・22 小島聡が電撃退団を明かす
5・2 鈴木みのるが浜亮太を破り、三冠奪取

武藤の欠場に、小島の退団、浜の奪取した三冠は、CC連覇のみのるの元へ・・・

浜が三冠を奪取した時には、正直時期尚早の感も個人的にはありましたが(観戦された方の感想では、フィニッシュの説得力はあったようですね)、武藤が欠場している現在、全日本で確固たる地位を築きつつあるみのるがエースとなるのは、ある種の必然を感じました。

みのるの三冠奪取後のコメントに、『テメエら(新世代)とは、魂の重さが違うんだよ!』とありますが、プロレスにおける“魂”とは、選手一人ひとりの持つ、確固たる主張・イデオロギー・思想が顕著に反映されるものだと個人的には思ってます。

“魂”を持つことで、技にも説得力が生まれ、さらなる“魂”の重さとなる・・・・

諏訪魔、河野、浜、真田を中心とした新世代は、これから様々な困難を伴うことがあるかなと思ってますが、もがくなかで、自らの道を模索して欲しいなと思う今日この頃でした。

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

プロフィール
プロレスを見始めたのが、2001年頃からで、もうすぐ10年めに突入しようとしています。プロレスに関することで僕自身に気になることを書いていこうと思います。

tetsu

Author:tetsu
FC2ブログへようこそ!

ブログランキング
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。